NEWS

【ご報告】メンバーの卒業について

日頃からGANMIを応援してくださる皆様にご報告がございます。
この度メンバーの、

『Yuta』『Maakun』『CHIKARA』

の3名が、GANMIを卒業することとなりました。

 

GANMIを結成してからこの4年で一人一人メンバーは、GANMIとしてたくさんの経験をする事が出来ました。
今回全メンバーが改めて自分と向き合い、考え、話し合いました。
その中で3人はGANMIから卒業し、それぞれの道を歩む事に決めました。

急な報告で申し訳ありません。
新体制のGANMIをどうかよろしくお願い致します。

GANMI一同

 


つきましては、
"2019年11月27日(水)"にYuta,Maakun,CHIKARA『卒業ライブ』を開催します。
平日開催にはなってしまいますが、全メンバーの意向により、最後に全員で踊って、卒業するメンバーを見送りたいと思います。

※卒業ライブについての詳細はこちらをご覧下さい。

https://ganmiofficial.com/contents/271738

 

 

【今後のイベント出演について】
Maakun→
JG計画 札幌公演、JG計画 群馬公演HUMAN(10/27 三重)、卒業ライブ


Yuta,chikara→卒業ライブのみ

 

 

そして、ファンの皆様へ、

卒業を決めた3人からのメッセージです。

 

『Maakun』
まず、日頃よりGANMIのことを応援してくれている皆さんをこういう形で驚かせてしまい申し訳ございません。

今回の決断は、自分にとってもちろん簡単な事ではありませんでした。

GANMIのメンバーでなかったら、こんなにもダンスに対して真っ直ぐ向き合っていたかもわかりません。
ビデオグラファーとしても、ここまでやってきてもいないかもしれません。

まさしく今や自分の一部になっているものをより確固たるものにしてくれたのは、紛れもなくGANMIのお陰です。

日々、ダンサーの可能性をどんどん広げているGANMIに属しているからこそ、人生こんなにも物事の可能性を広げられるのかという気付きがありました。

自身の道は自身でなるべく選択して生きてきた自分は、自分の可能性をそれこそ自ら広げられたらと思うようになりました。

そして、その思い描く自分の向かう先がGANMIのその先とは相まっていませんでした。


GANMIに身を置いてから約4年間、みんなと数えきれない程のステージに立って踊って、家族と過ごすより長い時間を過ごして、文字通り色んな景色を共に見てきました。

その過程は、全てが全て小綺麗で煌びやかな事ばかりではなくて、直向きに泥臭く辛いことも沢山ありました。

それに男17人もいると、ひたすらにうるさくふざけてる奴もいれば、何考えてるのか分かりづらい奴もいて、しつこくあつかましい奴もいて、心落ち着かない事も多々ありました。

でも、直向きに泥臭く辛かったからこそ際立ってその先に達成感と幸福感を味わえたし、うるさくふざけてるのも常に場が明るくなってたらとか、何考えてるのか分かりづらいのも相手の意見を尊重しようとしてたりとか、しつこくあつかましいのもシンプルにメンバーのことが好きだったりと、どれも愛でしかなかったです。

だから、どの瞬間も自分にとって淡く、尊く、大切な記憶と思い出となっています。

GANMIのメンバーじゃなかったら、今の自分はいません。全国沢山のGANMISTの方達とも出会えていません。そして、メンバーのみんなと家族同然の仲にもなってません。

大袈裟ではなく、この事実や出会いは自分の人生の中でこれまでも、そしてこれからも誇らしい財産です。


この決断は決してネガティブな事ではなく、ライフステージレベルで自分の存在価値を再認識させてくれたとてもいいターニングポイントだと思っています。

自分を含めYutaとchikaraを除く14人の新体制GANMIをこれからもみなさんの変わらない暖かい応援、宜しくお願いします。

 


『CHIKARA』
まず、メンバーそして活動に携わっていただいている全ての関係者様、いつも応援してくださっている多くの方々、いつもありがとうございます。

活動の中で、自分だけでは成し得なかったことが可能になり、考え方も変わり、高校生だった自分が成人し大学に通いながら、多くの経験ができたこと、とても感謝しています。

今このような環境下で踊れていることはGANMIのおかげです。4年間この環境で沢山走り続けるように踊っていた中で、今後のGANMIの目標以上に自分自身のやりたいことが強くなりました。
このメンバーと踊っていたからこそもっと上手く踊れるようになりたいと思えました。LAの憧れていた世界に行きステージで踊ったことで、もっと自分の想いを表現したくなりました。そして、やっと少しずつ見つけられた自分だから出せる色をステージで届けたいです。だからこそ、これからは自分の目標に向かって挑戦することにしました。

正直、不安しかないですし、寂しいことではありますが、悲しいことでは全く無いと思っています。これから先、踊っていられる短い時間を大切に頑張ります。

そして、踊る上では必要ないですが、学生としての勉強も続けようと思います。自分の生活を支え育ててくれた両親と友達、ダンスを教えてくれた沢山の先生方と応援してくださる皆様のどちらにも恩返しできるようにこれからも歩み続けます。

最後に、GANMIとGANMISTの皆様、
何もできなかった自分を迎え入れていただき、本当に有難う御座いました。
この活動の中でステージを通し、出会うことができて本当に幸せです。
これからも宜しくお願い致します。
そして、一緒に踊れて楽しかったです。

 

『Yuta』
日頃よりGANMIを応援して頂き、
誠にありがとうございます。
この度、Yuta NakamuraはGANMIを卒業する運びとなりました。
支えてくださっている方々
関係者の皆様、ファンの皆様
突然の報告となり申し訳ございません。

GANMIとして
みんなと沢山の経験をしました。
全てが変化していきました。
方針もダンスの内容も体制も
それが当たり前なんです。

ですが
自分のやりたいことをやるという事
その一点は変わりませんでした。
アメリカにいようがどこにいようが
誰といようが
やっぱり自分のやりたいことを
生きている内にやりたいんです。

もちろんGANMIをやりたくないということではありません。
ただ他にやりたいこと、やってみたいことが強いのです。
こういう人間なのです。
社会不適合者と言われるかもしれません。
責任が取れない奴という形でも捕らえられるかもしれません。

それでも構わないという覚悟で

生きている内に自分は沢山の事を経験したいんです。

GANMIは間違いなく家族です。
本当の家族より家族と感じることなんて多々あります。
それほどみんなのことを愛して信頼しています。
大好きです。

自分は、自分をここまで成長、沢山の経験をさせてくれた方々に
自分のやりたいことで人に影響を与えたいんです。

自分の力を使って人に愛を与えたいです。

ダンサーYuta Nakamura
以前に中村優太という人間で。


長くはなってしまいましたが
以上が自分からのコメントとさせて頂きます。

これからもGANMIを応援してください。
世界で一番のチームです。

 

 

 

最後に、改めまして、突然の報告となってしまい、大変申し訳ございません。

どうか引き続き、応援の程宜しくお願い致します。

 

2019年10月4日 GANMI